×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

About St. David's Society Japan

What is St.David's Society?

日本セントデービットソサエティは、ウェールズ人、日本人、そして国籍を問わずウェールズという国、その文化およびウェールズ語に興味・関心がある人のための協会です。東日本を管轄する東京本部(St David's Society Tokyo)と、西日本を管轄する関西支部( The Kansai St David's Society=日本語通称『関西ウェールズ会』)があり、どちらも英国大使館・同大阪総領事館に認定・登録されています。東京本部と関西支部は別々に活動していますが、会員相互の交流を深めるイベントやウェールズの文化・風習を紹介するイベントを随時行っています。 また、ウェールズ議会政府の一機関である『インターナショナル・ビジネス・ウェールズ』や、その他のウェールズ関連団体である 『ウェールズ日本人会』、『日本ケルト学会』、『日本カム ロドリオン協会』、『日本カムライグ学会』、『日本ハープ協会』、『ウェールズ語で話す会』、『クラブ・ヒラエス』などとも連携を取りながら活動しています。

2008年3月現在の主要メンバーは以下の通りです。
会長:エディー・ジョーンズ
関西代表:リンバ・デービス
イベントオーガナイザー:伏見英彦
会計:スザンネ・エルファディンク
関西 事務担当:廣野史子
歴史アドバイザー:キャサリン・ナガシマ
ウェブ管理:大城昌彦

St. David's Society Japan is a non-profitable friendship society for the Welsh, those with Welsh ancestry or simply any nationalities with an interest in Wales, its culture and the Welsh language. It has Tokyo headquarters (St David's Society Tokyo) which is in charge of East Japan, and Kansai branch (Kansai St David's Society) in charge of West Japan, and both are registered loyal societies at the British Embassy and at the British Consulate-General Osaka respectively. Although they are independent from each other in terms of events and finance, both have a regular programme of activities flavoured with traditional Welsh Hwyl & hospitality & supports events that promote cultural ties between Japan and Wales.St David's Society Japan also fosters active links with other Wales-related bodies and societies such as: IBW (International Business Wales), the Wales-Japan Club, Japan Society of Celticists, The Cymmrodorion Society in Japan, Cymdeithas Astudiaethau Cymreig Siapan, The Japan Harp Association, Y Cylch Siarad Cymraeg and Clwb Hiraeth.

As of March 2008, current officers are as follows:
President: Eddy Jones
Kansai Representative: Lynva Davies
Event & Membership: Hidehiko Fushimi
Treasurer: Susannne Elfferding
Kansai Secretary: Chikako Hirano
Society Historian: Catharine Huws Nagashima
Webmaster: Masahiko Oshiro